もっとも元気に光輝いていた時代 "昭和40年前後の元気な大阪"がここに!

MENU

なにわ食いしんぼ横丁とは

昭和の街並

昭和40年前後の大阪下町。歩いているだけで、懐かしさと楽しさがこみあげてきます。
当時を知っている方にも、知らない方にも、きっと素敵な発見があるはずです。

記念写真スポット

  • 三輪トラック

    昔はほんとに走ってた!?
    「食いしんぼ横丁号」の荷台に乗って記念写真を撮ろう!

  • 三輪トラックの写真

パフォーマンススケープ

「なにわ食いしんぼ横丁」内にはいろんな楽しい仕掛けがあります。
中にはドッキリするものもあるけど、勇気をもってチャレンジしよう!

    • 食いしんぼえびす像
    • シンボル「食いしんぼえびす像」。
      かならず足をなでよう!

    • 七福神
    • 愛を確かめるには「好っきやねん!」と
      叫ぼう。すると…

    • 対面式切符売り場
    • 今は懐かしい対面式の切符売り場。
      大きな声で切符を買ってみよう。

    • 出前バイク
    • 出前や新聞配達などで大活躍の「バイク」。ちょっとまたがってみませんか?

    • 高圧危険
    • 「高圧危険」でも触ってみたくなるのが人というもの。さあどうする?

    • バス停
    • バスは何時にくるのかな?
      バス停に座って待ってみたら…

    • 猛犬注意
    • 「猛犬注意」近づかないほうが身のため?
      なでてみると…?

    • 昔懐かしい街頭テレビ
    • 昔なつかしい街頭テレビ。
      チャンネルをいじると…

大阪パロディ?の街並

横丁の中の風景をよく見ると、おもしろい看板や貼り紙がいっぱい。すみからスミまで、探してみよう!

  • 懐かしグッズ

    石原裕次郎や小林明、宍戸錠など、一世を風靡した日活映画のポスターが各所に貼られています。

  • 懐かしグッズの写真
  • パロディ看板

    お隣の海遊館にちなんで、魚に関連したパロディ看板がいっぱい。ひとつずつじっくり味わってみて!
    「なにわ万国博覧会」もパロディながら、なんとも懐かしい雰囲気。大阪万博を彷彿とさせます。

  • パロディ看板の写真
  • 食いしんぼ横丁オリジナルおみやげ

    なにわ食いしんぼ横丁オリジナルのご当地限定メダルは6種類。
    目の前でプレスして出てくるアツアツのオリジナルメダルをGETしよう。ひとつ100円。

  • お土産の販売場所
  • あめ細工

    週末を中心に、飴細工職人石割定治(いしわりさだはる)が飴細工を実演し、お客様のご注文に応じた飴細工をつくります。ひとつ500円。(不定休)
    飴細工は、平安時代に京都に東寺が建立された時、お供え物としてつくられたのが始まりと言われています。飴をつくる職人たちは中国から渡って来て、さまざまに工夫を凝らした飴細工をつくり京都の町に売り歩きました。

  • あめ細工の販売写真
  • 占い処 笑福(しょうふく)

  • 占い処 笑福の外観

営業時間のご案内

AM11:00~PM8:00

※イベント開催時、また季節・曜日により、変更する場合があります。

2016年の休館日

年内は休まず営業いたします。

アクセス

アクセスマップはこちら
もっとも元気に光輝いていた時代 "昭和40年前後の元気な大阪"がここに!