もっとも元気に光輝いていた時代 "昭和40年前後の元気な大阪"がここに!

MENU

店舗一覧

”安うま”といえばカレー

自由軒

TEL : 06-6576-5821  席数 : 36席

  • 座席あり
  • キッズメニュー有り
  • テイクアウト可能

自由軒イメージ

織田作之助が昭和15年に発表した小説「夫婦善哉」で登場する"名物カレー"です。

ルーとライスを混ぜあわせたこのスタイルは、初めから混ぜたほうがアツアツだし、

食べる手間もかからないと初代店主が考え出しました。

卵のところに、ソースを少し落とし、全体をかき混ぜてお召し上がり下さい。

全商品、フードコートでもお召し上がりいただけます。

おすすめ

  • 名物カレーイメージ

    名物カレー

    780円(税別)

    創業以来、変わらぬ味わい。生卵とウスターソースをかけて混ぜることによって、一層おいしさが広がります。

スタッフのヒトコト

創業明治43年以来の変わらぬ味!!

明治43年難波で創業して以来、「名物カレー」が人気を集めています。稀代の作家、織田作之助の小説『夫婦善哉』に登場するカレーとしてお見知りおきくださっている方も多いのではないでしょうか。古き良き時代、カレーに生卵をのせて"ハイカラ"、さらにウスターソースをかけて"文明開化の文明人"といわれました。手早くおいしいものを食べたい...、そんな大阪気質も感じさせる混ぜ込みスタイルのカレー。愛され続ける伝統の味を天保山でもお楽しみいただきたく、こだわりのカレー粉や秘伝のスープを毎日本店より直送しております。

ショップ紹介ムービー

営業時間のご案内

  

※イベント開催時、また季節・曜日により、変更する場合があります。

休館日

 

アクセスマップはこちら

もっとも元気に光輝いていた時代 "昭和40年前後の元気な大阪"がここに!