海遊館スクール
海遊館では、生きものや自然環境により深く興味をもっていただくために、様々な「海遊館スクール」を、社会教育活動の一環として開講しています。飼育員がご案内する「おとまりスクール」や「ナイトツアー」その他、不定期で生きものや自然環境をテーマにしたスクールを開催しています。
ここでは、過去に開催したスクールや企画をピックアップしてご紹介いたします。

気軽に生きものの世界を楽しめるスクール

夜ヨガ(2013年11月~不定期)

ジンベエザメの泳ぐ太平洋水槽前で、ヨガを行うイベント。魚たちのゆっくりとした動きを感じながらまるで海の中でヨガをしているような体験をしていただくことができます。海の生きものをイメージしたポーズにも挑戦します。飼育員による館内ツアーも実施。「夜ヨガ」に限らず、「冬ヨガ」「ママ&ベビーヨガ」など、季節やテーマを変えて実施してきました。

冬ヨガ×夜の海遊館

冬ヨガ×夜の海遊館

「#海遊館ネイル」(2016年7~8月)

生きものをモチーフにした6種類の海遊館オリジナルネイルシールで、海遊館らしいネイルを楽しむイベント。会場では爪先1本に、ネイルシールを貼り、ラメポリッシュを塗ってトップコートで仕上げる、簡単で可愛いネイルを体験していただきました。ネイルの体験中にはスタッフが生きもののプチ解説も実施。フォトプロップスなどを使っての、インスタジェニックな記念写真撮影もお楽しみいただきました。

海遊館ネイル

海遊館ネイル

アートに挑戦「海藻おしば教室」(2014年2月)

海藻を使ってアート作品を作る「海藻おしば教室」。海藻の姿や形は多様で、日本の沿岸には約1,500種類もの海藻が生育しています。そんな海藻を使って、専門の講師(海藻おしば協会より)の指導のもと、世界に1つだけの「海藻おしばアート作品」を作っていただきました。たくさんの海の生き物が生活する大切な場所である海藻のお話や実験も交えて、海藻の多様性や美しさ、その大切さをお伝えしました。対象は4歳以上。

海藻おしばアート
(野田氏作品)

海藻おしばアート(子ども作品)

大人の女性限定ワークショップ「ヒレを極める“ひれナイト”」(2015年1月)

企画展示「ヒレのヒミツ~スイマーたちの華麗な物語~」に関連したワークショップ。魚やイルカなど生きものの「ヒレ」のおもしろさに注目したレクチャー、さらに、身近な「ヒレ」のおもしろさに触れる機会として「ひれ酒」の紹介やテイスティングを行いました。「ひれ酒」は食用魚(フグ)のヒレを利用した日本酒の飲み方で、日本の食文化のひとつです。『魚の進化やヒレに興味はない』『ひれ酒を飲んだことがない』という方にも、興味を持っていただくきっかけとなりました。20歳以上の女性が対象です。

大人女子限定のワークショップ
「ヒレを楽しむひれナイト」

大人女子限定のワークショップ
「ヒレを楽しむひれナイト」

もっと深く生きもの世界を学び楽しむスクール

体験学習 メガマウスザメの学術調査(2016年8月)

40年前にその存在が確認された大型のサメ・メガマウスザメ(全長約5m、メス)の学術調査を、地元の大阪市港区の中高生と共に実施しました。この分野の第一人者である仲谷一宏博士(北海道大学名誉教授)の協力を得て海遊館館長ならびに飼育員が実施。 メガマウスザメは、名前の通り非常に大きな口が特徴の大型サメで、生殖方法を含む生態など多くのことが解っていません。今回調査したメガマウスザメは、平成28年4月13日に三重県尾鷲(おわせ)市の定置網に迷入したもので、極めて貴重な標本であることから海遊館が譲り受け冷凍保存していました。

メガマウスザメ

メガマウスザメ

サイエンスカフェ「バイオロギングってなんだろう?」(2015年7月)

「バイオロギング」という研究手法の入門編から最近の調査までをわかりやすくお話するサイエンスカフェ。気軽に質問できる雰囲気で、研究者との交流をお楽しみいただきました。海遊館と北海道大学の共同プログラムとして開催。
「バイオロギング(Bio-logging)」とは、生き物に小型の記録装置を付けて、その生き物(Bio)が自らの行動を記録(logging)する研究手法で、観察が難しい海洋生物の行動を記録することで、潜水中の体の動かし方や生態が明らかになってきました。近年、記録装置の小型化とデジタル化などにより、様々な生きものを対象に研究が進み、その新しい成果が世界中で注目されています。

ウミガメ

カワウソ

特別講座「イルカと遊ぼう!」(2013年10月)

イルカをテーマにした体験型の講座。遊ぶのが大好きなカマイルカたちのためにおもちゃを考案・作製し、水槽内でイルカにプレゼントしていただきました。イルカはなぜ遊ぶのか、飼育員は何を考えてイルカと触れ合っているのか、なぜトレーニングをするのか。体験を通して楽しく学んでいただきました。小学生以上を対象に実施。

秋の特別講座「イルカと遊ぼう!」

秋の特別講座「イルカと遊ぼう!」

特別講座「海の小さな生き物“ワレカラ”大研究!」(2016年5月)

「ワレカラ」という、1~2cmのエビやカニに近い生きものをテーマにした講座。実際に海でワレカラを採集して観察し、粘土でワレカラのレプリカを作りました。ワレカラは、世界中に約400種類、日本近海には約100種類が知られ、多くは海藻などにつかまりながら生活しています。平安時代の歌に読まれ、古くからその存在は知られていましたが、一般にはなじみの薄い生きものです。しかし、ワレカラは様々な生きものの餌となることで、海の生態系を支えています。講座当日は、ワレカラの研究者、阪口正樹氏に解説をしていただきました。小学4年生以上を対象に実施。

海遊館特別講座
「海の小さな生き物ワレカラ大研究!」

海遊館特別講座
「海の小さな生き物ワレカラ大研究!」

特別講座「ペットボトルでかんたん ろ過装置を作ろう」(2016年7月)

海遊館の大水槽の水質を管理し、最適に保つ設備担当者が講師となり、海遊館の「水」についてわかりやすく解説。海遊館の下層階にある、一般の方は入れないジンベエザメが泳ぐ「太平洋」水槽のろ過装置を見学し、海遊館の海水を美しく保つ仕組みの驚くべき複雑さや規模の大きさを実感。また、ペットボトルで簡易「ろ過装置」を作り、その仕組を学びました。小学校4年生以上対象。

夏の特別講座
「ペットボトルでかんたん ろ過装置を作ろう」

エビ・カニを食べて、学ぶ「サイエンス・レストラン」(2012年12月)

エビやカニを生物の専門家と一緒にじっくり観察し、それを実際に試食していただいきました。本企画は「杉浦千里 エビ・カニ博物画展」の一環として開催し、エビやカニの体の細かな仕組みを学んでいただきました。この他、京都大学白浜水族館館長の朝倉先生を講師として「~エビ・カニ博士と話そう~」、海遊館の飼育係員が海遊館のエビ・カニを紹介する「~海遊館のエビ・カニ飼育係員と話そう~」等のプログラムも実施しました。

サイエンスレストラン

サイエンスレストラン

海遊館25周年記念シンポジウム
『生物多様性ってなんだろう? ~琵琶湖・淀川・大阪湾から考える~』
(2015年10月)

企画展「琵琶湖・淀川・大阪湾~水のつながりと生き物たち~」の関連イベントとして、海遊館ホールで開催しました。テレビ番組等で活躍中の木村 尚氏による基調講演の他、環境省自然環境局の専門官や、琵琶湖・淀川・大阪湾で希少生物の保全・普及活動に関わってきた専門家を講師としてお招きし、お話いただきました。また、地域の学生や一般の参加者にもご参加いただき、広い視野で生物多様性を考える機会となりました。

25周年記念シンポジウム

講演会「教えて!古代生物のナゾ」(2016年7月)

「生きものたちの“謎だらけ”の進化」をテーマにした大型企画展「デスモスチルスのいた地球 ~謎だらけの古代生物たち~」を監修していただいた古代生物の研究者3名をお招きし、小学生でもわかるようにナゾだらけの古代生物のおもしろさと、先生方が古代生物に夢中になったエピソードをご紹介いただきました。また、事前応募の当選者30名を対象に 「デスモスチルスなプレミアムガイドツアー」も開催。古代生物の研究者と海遊館の飼育員が同行し、企画展の内容を深掘りしながらお楽しみいただきました。

ツアー デスモスチルスのいた地球
〜謎だらけの古代生物たち~

トーク デスモスチルスのいた地球
〜謎だらけの古代生物たち~

25周年記念!7.19 SHARK DAY!(2015年7月)

開館25周年を記念して、サメをテーマにした3つのイベントを開催。さかなクンとサメ研究の第一人者・仲谷氏と一緒に、サメの世界とその生態について、楽しくわかりやすく教えてくれる小学生を主な対象にしたトークショー「さかなクンと一緒にサメ博士になろう!」、海遊館館長がサメの企画展を案内する「“シャークワールド”ツアー」、仲谷氏をはじめとするサメのスペシャリストによる中学生以上を主な対象とした「“サメ”トーク」。いずれも子供から大人までのサメ好き、生きもの好きの皆様にお集まりいただき、盛り上がる一日となりました。

さかなクントークショー

さかなクントークショー

さかなクントークショー

さかなクントークショー

さかなクントークショー

館長ツアー

さめトーク