≪ヒント1≫ 休日は、事前にWEBチケット購入で待ち時間短縮!

WEBチケットを事前にご購入いただくことで、チケット購入のための待ち列に並ぶ時間を短縮できます。WEBチケットのQRコードをスマートフォンに表示させるか、プリントアウトしてお持ちいただき、そのまま入館ゲートに向かいましょう。

便利なWEBチケット 詳しくはこちら

≪ヒント2≫ 「とにかくゆっくり見たい!」なら、平日!ただし、午前は混み合うシーズンあり。

平日は、やはり休日と比べると空いている日が多いです。人気のお食事タイムも、最初から最後まで、しっかりご覧いただけるでしょう。ただし、下記のシーズンの平日は、団体のお客が多数お越しのため、午後からのご来館がおすすめです。

平日の混み合うシーズン

  • ・2月中旬~3月上旬
    午前中【幼稚園様のお別れ遠足など】
  • ・4月中旬~5月末
    午前中【春の遠足&修学旅行シーズン】
  • ・10月~11月
    午前中【秋の遠足&修学旅行シーズン】

≪ヒント3≫ GWやお盆休暇中も、「夜の海遊館」ならゆっくり楽しめる!

混み合いがちな連休などのシーズンも、夜ならだいじょうぶ。17時以降の「夜の海遊館」なら、落ち着いて静かな館内に。開館時間の延長を行う日もあるので要チェックです。
たまには、ゆっくり夜の観覧はいかがでしょうか。

夜の海遊館 詳しくはこちら

≪ヒント4≫ ガイドツアーを活用しよう!

スタッフが案内する様々なガイドツアー。海遊館の館内を熟知しているので、見どころをばっちりスムーズにご案内します。さらに、ツアー参加者だけで入るバックヤードはわくわくと秘密がいっぱい。海遊館のウラ・オモテも知れて、一石二鳥です。また、休日に開催しているプレミアムガイドツアーなら、特別に開館前からゆったりお楽しみいただけます。

ガイドツアー 詳しくはこちら

≪ヒント5≫ スタッフ直伝の技!混雑していたら、ほんの少し、その場で待ってみよう。

館内ではお食事タイムをはじめ、ご覧いただきたい瞬間がたくさんあります。例えばエサやりが終わった瞬間に、みなさんが一気に動かれるため、混雑しているように感じることがあります。そんなときは、一息ついてベンチに座ってゆっくりしてみましょう。周りを見て空いたな、と感じてから動き出せば、案外ゆったりできることがあるのです。

≪ヒント6≫ 再入館で、贅沢に海遊館を楽しもう。

海遊館を出る前に、館内インフォメーションのスタッフに「再入館したい」「再入館スタンプを押してほしい」とお申し出ください。海遊館に入館された方は、全員再入館することができます。途中でおなかがすいたり、お子さんが寝てしまったりしたときには、再入館システムを活用して、海遊館を贅沢に楽しんでみてください。