イトマキエイって
どんな生きもの?

  • 和名:イトマキエイ
  • 英名:Spinetail mobula
  • 学名:Mobula japonica

トビエイ科。南日本から東シナ海、南シナ海、ハワイにかけて分布する大型のエイの仲間で、頭部の両端にある”糸巻きのような”頭ビレが特徴です。
外洋で生活し、翼のような大きなヒレをはばたかせて泳ぎ、成長すると体の幅が3mにもなります。
一般に知られるマンタ(オニイトマキエイやナンヨウマンタ)と姿が似ていますが、口の位置と幅の違いから見分けられます。
イトマキエイの口は腹側に位置し、マンタの口は幅広く頭部の前にあります。
マンタは、国内でも沖縄県などに有名な観察ポイントがありますが、イトマキエイを確実に見られる海域は今のところ知られておらず詳しい生態はわかっていません。

イトマキエイの
泳ぐ姿を見てみよう

イトマキエイの輸送の様子

太平洋水槽で待ってるよ!